読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味から考える自己分析

大仰なタイトルであるが書く内容とのズレは感じないのでこのまま行くが、真剣に自己分析に悩む就活生の方々にはまったく役に立たない内容であろうと思う。

なのでこんな記事を読もうとしている時間で他のサイトへ行ったほうがいいですよ。

 

 

さてそんな書き出しであるがタイトル通りの内容を書いていこう。

多くもないけど少なくもない就職活動回数の中で未だによく分からないのが「自己分析からの自己PR」だ。

己で己をアピールするって日本人には無理じゃない??と思わなくもないがやらなきゃいけないのが就職活動の厳しさってもんで……。

人間悪い所は否応なく目に付くけど、良い所ってものはなかなか気付きにくいし見えないもので、他人ですらそうなのに自分とかどうすりゃいいのさ……と悩むことありあり。

そんなわけで手っ取り早く自分ってどんな奴?が分かるものとして趣味から自己分析、要は自分の事を話すネタに使えるものをでっちあげようというわけである。

 

まず私を例に上げて考えてみよう。

趣味⇒漫画読む。アニメ見る。ゲームちょっとする。海外ドラマ見る。映画(テレビでたまに見る)。

まず分かること、非常にインドアだ。だがこれで終わってしまえばPRに使えるもくそもないので広げていく。

漫画の買い方なんかは性格が出るもので、家族や友人は借りたりして読んだ続きの巻から自分で買ったりしだすのだが私は必ず1巻から買う。すでに読破した巻であろうと1巻から買うのだ。

海外ドラマもシリーズ物で1話完結だろうとシーズン1から見ていないと絶対に見ない。

このことから、1からきちんとしたい⇒「物事は最初が肝心だと思っているので~」などと言い始められるのでは?

更に途中で興味が無くなったり世間から評判が悪かろうとも見始めたものは最後までみるので⇒「一度始めたことは最後最後まで取り組み~」などと言い換えてやろう。

イベントなどに行く時も、到着時間→使用移動手段(所要時間、乗り換え所在地、発着時間、移動手段の行き先表示等々)→家を出る時間決定→持って行くものと細かく決めていく⇒「計画を立ててその通りに行動することが~」だのと言っておけばいいんでない?

漫画なんかを1巻から絶対に買う理由の一つに、本棚に入れたときに1巻から揃っている蔵書を見ると満足するからがある⇒「整理整頓が~」である。

 

 

結構いい感じの内容が書けるのでは!?と思いついてみたはいいがまたしてもオチ付近に近づくとフワフワした内容になってきてしまった……。

まあ要は自分が分かってる自分ことだけでも考えようによっては自己PR文の中身のとっかかりになるんだよーと言いたかったってことで一つ。