数字に対する苦手

この間、会社で棚卸しがあった。新しく務めたばかりの会社なので製品の名前はおろか保管倉庫も分からないような有様であったが、なによりも酷かったのが『数字の読み上げ』である。

ロットNo.『AE152473』数量『9,312kg』がスラスラ読み上げられない、『AE152743』と言う、『AE15243』など中抜けした数を言ってしまうなど棚卸し時の確認作業としてはかなり厳しい状況だった。

他にも相手が読み上げた数量を記入する作業が大変で『きゅうせん さんびゃく じゅう に』がささっと『9,312』と書けずに少しもたつくなどと散々であった。

リスト①とリスト②をつきあわせて確認する作業なので相手にもかなりの分かりにくさと迷惑をかけたと思う。

 

私は『きゅうせん さんびゃく じゅう に』と読むより『きゅう さん いち に』と読み読み上げられる方がスラスラできるわけだ。多分相手は分かりにくいだろうけど(実際に相手はロットの読み間違えはなく『きゅうせん さんびゃく じゅう に』であった)

端で通常仕事をしながら私の読み上げを聞いていた上司も「なんか面白いなぁ、綺麗に逆になってるし」(『AE152473』→『AE152743』なんかの時に)と言っていた。その時は「いやー多分脳から口へのつながりがなんかあるんだと思いますわー」などと言っていたが内心は何かの障害ではないだろうかと思い、家帰ったら検索してみるかーと考えた。

で、実際検索してみたのが帰宅後1日経った今しがただったわけですけど……。

いろんな検索ワードで調べてみたところ【ディスレクシア】だの【算数LD】だのなんだの、読み上げにつまるのだから【吃音】ではなかろうかと思ったりなんだり。

こういったことは必ず医療機関なんかで慎重に診断されるものなので、はっきりそうだとは素人が判断できるものではないけれど、うーんどうなんだろうなーと思う状況でして。

数字の理解について結構近い状況なのが下記2件で、やっぱり何がしかはあるんだろうなと思う。

tak-shonai.cocolog-nifty.com

okwave.jp

 

ちなみに今の仕事内容はでかい数量になる製品をお客へ送り出す、いわゆる「出荷事務」なわけで今後がかなり不安になってきてしまっている…。『慣れ』れば問題なさそうなのがまだ救いである。

お茶碗だけあればいい!

ズボラ飯とかなんとかあるけれど、ズボラ飯すら作るのが面倒である。ご飯とおかずがあるだけで素晴らしい。

そりゃ一汁三菜、給食の献立のように栄養バランスがしっかりしてるものが毎食あればいいですけど、そうは言ってられませんし……。

しかし世の中には器・皿に入ったおかずがなくとも、お茶碗に入ったご飯だけで食事ができるものがある!それが時々食べたくなるんです。

 

続きを読む

買って無い本を紹介する3

一連の紹介する記事は、ほしいものリストに追加するようなものです。

 

 今回の本はこちら

新装復刻版 現代図案文字大集成 (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)

新装復刻版 現代図案文字大集成 (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)

 

個人的にはフォントの本だと思っている。

図案家が書いた(もはや描いたといってもいい)文字がたくさん載っていて、レトロモダンの風を感じる1冊。

今見ると表紙すごく地味で完全にタイトルだけで惹かれたのがわかる。

買ってない本を紹介する2

正直こんな内容のもので記事数稼いでいいのだろうか?

イインダヨッ!!!!

 

昭和のレトロパッケージ

昭和のレトロパッケージ

 

まず表紙に目が引かれる。キャラメルにメロンアイス、タイトルは昭和のパッケージだが平成初期まで生き残ってるパッケージもたくさんある。

布団の中とかで、じっくり眺めたい1冊。

買ってない本を紹介する1

 

ねこのおてて

ねこのおてて

 

 はい!タイトルでだめーーー!!こんなの手に取るに決まってるーーー!!!!

にゃんこのおてて…(*´ω`)(*´A`)(*´Д`)

なにかのリスト

叶いそうなことからそうでなさそうなことを随時追加

 

1.アザラシ触りたい

2.海外旅行したい

3.カタハネ聖地巡礼行きたい

4.大英博物館見たい

5.ルーブル美術館見たい

6.美ら海水族館見たい

7.旭山動物園見たい

8.温泉旅館泊まってみたい

9.ゆゆゆ6巻の特典ゲーほしい →入手しました(17/8/7)

10.鎌倉リベンジしたい

11.美味しいご飯屋さんにたくさん行きたい

12.尾道へ行きたい

13.宇治観光リベンジしたい

好きな映画

映画、そこそこ好き。

以前の記事で『時間がいっぱいあったときは映画もたくさん見ていた』と書いたのだが、地上波深夜の枠とBS2の映画枠に放送したものの中で気になったものしか見ていなかったので大分と偏っている。*1

主にアクション・サスペンス・ミステリー・コメディを見ていたのだけれど最近気づいたことがある。

 

私は『夜』の雰囲気が好きなのだと!

 

初めて『夜』が舞台の映画を見たのは『夜のピクニック』という作品だ。これは恩田陸氏の小説が原作の邦画である。

 高校の全校生徒が80キロを夜通し歩く「歩行祭」中に主人公の女子があるクラスメイトの男子に声をかけると決意していたけれどなかなかきっかけが生まれない中、お互いの不自然な雰囲気を勘違いしたクラスメイトが2人をくっつけようと応援してくるが…という内容。

この作品は一晩友人と恋や将来について話しながらただ歩く…ただそれだけの話なんですがとても引き付けられたんですよね。*2

作中の2人の関係はある事情があってギクシャクとした不自然な雰囲気になっていたんですが、夜明けにそのギクシャクが解けるんですよ。ある事情というのは本編を見て頂きたいと思います。ノーネタバレ!

原作を読んだことはないので映画と比較してどうこう言えないのですけど、この作品の『夜』の雰囲気が好きなんですよね。

 

 

次に見たのが『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離-ディスタンス-』。上記の作品が青春ストーリーであるならば、こちらは孫うこと無きラブストーリーです。

この映画は、列車に乗り合わせた男女があるきっかけで意気投合し男性の目的地であったウィーンで女性が途中下車をして、ただひたすら他愛もない会話をしながら2人でウィーンの街を散策する、という内容。

男性が帰りの飛行機に乗るまでの14時間を、話し、店に入り、歩き、また話す、ただこれの繰り返しが続く。

夕暮れから夜になりそれでも2人は、歩いて、話し、また歩く。

もちろん日中のやり取りも素敵なのだが、夕暮れから夜、そして朝までの雰囲気が素敵過ぎて「なんという素敵な映画なんだ」と印象に強く残った。

それまで映画といえば、殴る・蹴る・爆発するといったアクション系のものばかり見ていたので、これは同じ映画というくくりでいいの?と思いましたね。

ラストは夜が明けて別れの時間なんですが、終わりを話すなんてこの映画にとってどれだけ無粋なことか!なので2人がどうなったこうなったとは申しませんが、気になったらぜひとも見て頂きたい。

とにかく陽が落ちてからの雰囲気が!雰囲気が最高なんで!!!

 

 

そして最後に『夜』が好きなのだと改めて実感したのが最近見た映画「ラン・オールナイト」だ。

殺し屋の主人公がある殺人事件を目撃し殺されそうになっていた息子を助けるため、自分のボスでもあり親友でもある人の息子を殺してしまい父子共々追われることになってしまう。マフィア・暗殺者・買収された警官・隣人など誰が敵かも分からない状況で夜のN.Y.を逃げる内容だ。

まったりと夜の時間が流れていくと前2作と違い、こちらはバリバリのアクション映画である。そんなジャンルで『夜』が舞台なのだ。ひりつく緊張感の中『夜』の時間が過ぎていく。

ラストはこれまた夜明けだ。息子を守る主人公と息子の復讐をしようとするマフィアのボス、最後がどうなったかはぜひ映画本編を!

 

 

草木も眠る丑三つ時という言葉があるが『夜』とは元来眠る時間、休息をとる時間なのだ。

そんな『夜』に人間同士の関係が変化する、昼間でも同じような作品は作れるだろうが雰囲気は全く別物になってしまうだろう。

上記3作品が『昼』を舞台にしていたら、ここまで好きにはなっていない。

これ以外に『夜』が舞台で雰囲気のある映画をご存知の方はいらっしゃらないだろうか、私の見ようかなと思う作品リストに追加しておきたいので何卒。

 

*1:見た本数が一番多いときは2009年の91本だった

*2:もちろん2人の関係とは?という主軸の上にですが