読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間一瞬

祝!稀勢の里横綱昇進!!!

もうちょっと早ければ、私がもっと楽しかったなあ…と思う出来事の1つがこれです。

 

通信制高校に7年(……)通っていたので、ひたすら時間があった。この頃は地上波深夜に映画をよくやっていたのでそれを録画して見たり、野球中継も見ていたしアニメは映る作品全部見ていた時もあった。土日はレポートのお供にアニラジを3~4時間聴いていた。時間はたくさんあったのだ。

表題の稀勢の里についてだが高校卒業するまでは大相撲中継もよく見ていた。私は朝青龍も好きだった。

ところが高校を卒業して仕事をし出すと、野球は見ない、アニメも見る本数が減る(これは好みが先鋭化してきたのも一因であるが…)、映画は放送が少なくなったので見る機会が無くなったし休日中にレンタルでも見ない、大相撲は家に帰るころには取り組みが終わっている、アニラジも聴く機会が減った、と時間のあったときにやっていた・できていたことをまったくやらなくなった。

私が大相撲をよく見ていた時に稀勢の里横綱昇進していたら、もっと楽しかった。

 

でも仕事から帰ってきて寝るまでの5時間を、Twitter見て、動画見て、テレビ横目でちょこっと見ての繰り返しでドブに捨てるがごとき過ごし方をしてるのが悪いんですけどね!

時間とは有限である。